“図書頭”の読み方と例文
読み方割合
ずしょのかみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
図書頭をはじめとして諸儒者列席の前に一人ずつ呼び出され、一間半もある大きい唐机の前に坐って素読の試験を受けるのである。
半七捕物帳:11 朝顔屋敷 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
償金支払処置をつけてあぶなく英幕危機を脱した小笠原図書頭が率兵して大阪に急行するまでは、帰東することができない有様だった。
尊攘戦略史 (新字新仮名) / 服部之総(著)
自分が図書館に勤めていましたし、お兄様も図書頭をなすったりしたので、自然そうした方面に興味を持ったのでしょう。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)