“指図書”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
さしずがき100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“指図書”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
藤吉郎か。——そちは信長が授けた三千の兵数を、不要なりと称して、わずか十分の一の三百名に書き改め、その指図書さしずがきをば、重臣どもへ突き返したそうだが、一体、如何なる所存か。柴田、佐久間の老巧ですら、三千の兵と五千の人夫を引き具して、あの敗北を遂げたものを。
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)