“指図”のいろいろな読み方と例文
旧字:指圖
読み方割合
さしず95.2%
さしづ4.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そら綿貫のいうたことかて一から十まで信用出来しませんし、あの着物取られた晩でもたしかに綿貫が指図したのんと違うかしらん。
(新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
「なんでも、あのあたりだよ。」と、政二くんは指図をしておいて、自分は、またおだちとほかの野球をつづけていました。
草を分けて (新字新仮名) / 小川未明(著)
土井の所へ報告に往つた堀が、東町奉行所に帰つて来て、跡部に土井の指図を伝へた。両町奉行に出馬せいと指図したのである。
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
此家では賓客つたと見えまして、主人片付けさせて指図してりますところへ、からけますから、主