大塩平八郎おおしおへいはちろう
一、西町奉行所 天保八年丁酉の歳二月十九日の暁方七つ時に、大阪西町奉行所の門を敲くものがある。西町奉行所と云ふのは、大阪城の大手の方角から、内本町通を西へ行つて、本町橋に掛からうとする北側にあつた。此頃はもう四年前から引き続いての飢饉で、や …
作品に特徴的な語句
きほひ いさゝか おつし まじはり おくれ どほり びき かうむ ちやう 周章しうしやう しやう あけ だつ かう こしらへ かうべ あたゝか うま まとひ あらは かはり つけ 祝詞しゆくし ざう いぬゐ おろ 前方まへがた とほり がほ 抜刀ばつたう 所為しよゐ おなじく ごん しやう こゝ あゆみ 行歩ぎやうほ くはだて 大店おほみせ かち づき かゝ 退しりぞ をしへ 中間ちゆうげん きり にぎは 末子ばつし 植込うゑごみ げん さま しも 仰向あふむけ いたづら かの やゝ づゝ 寝所しんじよ とゞ とが 逡巡しゆんじゆん 摂津せつゝ をさ 文書ぶんしよ 新城しんじやう じつ うけたまは しゆ やゝ 出水しゆつすゐ ごく がち いで すゝめ 悄然せうぜん くゞ おく おもひ あづか 猶予いうよ うつゝ 申付まをしつけ うたがひ さいはひ たひら わづか 幇助ほうじよ 市中しちゆう はた もつぱら たつ うづくま もと あふ をど