“はな”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ハナ
語句割合
18.6%
14.2%
12.2%
10.1%
8.1%
8.1%
5.4%
3.3%
2.9%
2.0%
最初1.8%
鼻汁1.7%
1.5%
冒頭0.7%
0.6%
0.5%
0.5%
0.4%
鼻洟0.4%
0.3%
纏頭0.3%
桜花0.2%
挿花0.2%
花牌0.2%
祝儀0.2%
花札0.2%
洟汁0.2%
鼻孔0.2%
0.2%
談話0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
弄花0.1%
𡽶0.1%
0.1%
鼻涕0.1%
生花0.1%
先頭0.1%
初手0.1%
劈頭0.1%
涕汁0.1%
瓶花0.1%
発端0.1%
端初0.1%
纒頭0.1%
0.1%
0.1%
鼻腔0.1%
当初0.0%
花華0.0%
一端0.0%
二人談0.0%
0.0%
八七0.0%
典物0.0%
初日0.0%
0.0%
売却0.0%
山端0.0%
0.0%
放免0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
発散0.0%
相談0.0%
秘花0.0%
0.0%
花代0.0%
花子0.0%
落花0.0%
0.0%
解放0.0%
説明0.0%
0.0%
釈放0.0%
0.0%
頴花0.0%
香花0.0%
0.0%
黄金0.0%
鼻涎0.0%
鼻液0.0%
鼻面0.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
寶鼎金虎し、芝田白鴉ふ。一瓢造化し、三尺妖邪り、逡巡ることをし、また頃刻かしむ。
花間文字 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
ごと喧嘩をしてめてやるのだが隨分おもしろいよとしながら、鐵網をのせて、おゝ熱々指先いてかゝりぬ。
わかれ道 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
越前武生の、しい旅宿の、れたれて、二ばかりもんだ吹雪行惱みながら、は——ひました。
雪霊記事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
勘作は背後からそっと往って、今にも飛び込もうとしている女をしっかと抱き止めた。女は勘作の手をして飛び込もうとする。
ある神主の話 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
おばあさんは、いい香水いが、少女にしみているとみえて、こうしてしているに、ぷんぷんとにくるのをじました。
月夜と眼鏡 (新字新仮名) / 小川未明(著)
その広い座敷がただ一枚の絨毯で敷きつめられて、四角だけがわずかばかりやかな織物の色とうために、薄暗く光っている。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「ぼくとのことは、一回だけです。まるで強姦でしたが、途中からマリは抵抗はしなかった」をすすり、彼は早口にしゃべった。
演技の果て (新字新仮名) / 山川方夫(著)
さあちゃん。きっとこいつはします。早くをおふきなさい。まるで顔中ぐじゃぐじゃだ。そらええああすっかりさっぱりした。
黄いろのトマト (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
栄二は傘をすぼめて戸袋に立てかけ、格子をあけてはいると、の六ではいつもの小僧が、麻の袋を持って板に打ちつけていた。
さぶ (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
今夜の釣り場は町からよほどれていると見えて、これだけの話を聴き終るまでに其処らしい場所へは行き着かなかった。
怪獣 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
俺あ、今日の入れ札には、最初から厭だった。親分も親分だ! 餓鬼の時から一緒に育ったお前を連れて行くと云わねえ法はねえ。
入れ札 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
御承知の通り鼻汁をかむ時は、是非鼻を抓みます、鼻を抓んで、ことにこの局部だけに刺激を与えますと、進化論の大原則によって
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
イヤ……お勢じゃない叔母に咄して……さぞ……厭な顔……厭な顔を咄して……口……口汚なく……して……アア頭が乱れた……
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
唐突ながら——と冒頭に自分でもことわってるとおり、いかにも唐突。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
公然単独で墓参に行くと、そこには必ず誰か彼女を待って居るものがあった、所謂誘拐される四日前も二人はた、そして女は降りかかる結婚問題をしたのだね
誘拐者 (新字新仮名) / 山下利三郎(著)
そしてみずからつ芳香におのが官能を酔わしめて、ひそやかに楽しんでいる。それが、ほのかに、かすかに、香に立ってきこえてくるのであろう。
王がつや鼠欲しさに妃に飛び掛かったから、王一切の物件を妃に渡し、妃これを象馬に積んで夫の従者を領して帰国した。
教師が教場に出てもを遠きにけ、役人が執務するに、俗務のために没却されない、すなわち一めると、吾人が人格としてまったく世をれた思想をいだくと同時に
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
ぼろぼろの襤褸を着て、青い鼻洟らして、結う油もない頭髪を手拭いで広く巻いて、叔父の子を背負いながら、村の鎮守で終日田舎唄を唄うころは無邪気であった。
ネギ一束 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
へへへ、こりゃどうも……。はちょいと入り組んだ事件だったんですが、なにしろ、下手人が出て、腹を
顎十郎捕物帳:03 都鳥 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
然るにここに、この名優式の鼻の表現法を堂々と実世間で御披露に及んで、名優以上の木戸銭や纏頭を取っているものがザラにいるのには驚かされるのであります。
鼻の表現 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
散りかかる桜花の下道を背戸へまわって二階建ての母屋、焼きつくような饗庭の視線を絶えず首筋に意識しながら、ここが奥座敷と思われるあたりへ出た。
つづれ烏羽玉 (新字新仮名) / 林不忘(著)
「お目に掛れば解ります。何に致せ、おおお、まあ、梅が好く咲きましたぢやございませんか。当日の挿花はやつぱりこの梅がからうと存じます。さあ、どうぞ此方へお入り下さいまし、御遠慮無しに、さあ」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
同じ顔ぶれがたいがい顔を揃へてゐて、麻雀の者、碁を打つ者、花牌をひく者、を打つ者、酒を飲む者。
外套と青空 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
金五郎から、祝儀もやってある。新之助が、福岡監獄に服役中、知りあいになった熊丸虎市と、共同で、この、関西若手歌舞伎一座の興行をやっているのだった。
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)
すこし小母が氣分の好い時には、池の金魚の見えるところへ人を集めて、病を慰める爲に花札を引いた。
眼の中に入れても痛くない位可愛がって、振袖を着せたり、洟汁んでやったりしているのであった。
巡査辞職 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
早速履脱へ引入れて之を当がうと、小狗一寸を嗅いで、直ぐそうに先ずピチャピチャと舐出したが、汁が鼻孔へ入ると見えて、時々クシンクシンと小さなをする。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
方々を歩いてみると、往々このイチハツを藁屋根の棟に密に列植してあるのを見かけるが、その紫を飜えす花時にはすこぶる風流な光景を見せている。
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
お父さんはお昼に神保さんをお招き申した。何でも何とか町の地所を此人に買わせるんだって、お母さんと談話していた。今日は料理人が馬鹿に意地が悪い。
いたずら小僧日記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
小笠原嶋ブラボがに巻く渦のこほろこほろに故国しき
雀の卵 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
それから人の前でもどこでも自分の着物の裾裏をまくってをかみ、そうして其涕をうまくすり付けてしまう。余りが多いとの方にもそれをすり付けて置くんです。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
生は國歌を破壞し盡すの考にては無之日本文學の城壁を今少し堅固に致し度外國の髯づらどもが大砲をたうが地雷火を仕掛けうがびくとも致さぬ程の城壁に致し度心願有之
歌よみに与ふる書 (旧字旧仮名) / 正岡子規(著)
神田で雑誌を出している友人の元へ、弄花に往くと云う細君とれ立って家を出て、二三日横浜あたりを遊び歩いて帰った日の細君の倒錯的な癖を彼は思いだした。
文妖伝 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
夕方館の庭から沼に突き出た𡽶で、細君が石に腰かけて記念に駒が岳の写生をはじめた。余は鶴子と手帖の上を見たり、附近の林で草花を折ったり。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
れッてえな、武大さんときたら。だから世間でいうんだよ。ッ垂らしの薄野呂だッて。——見ねえな、おらの顔や手頸を」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
顧客先で、小野田が知合になった生花の先生が出入りしたり、蓄音器を買込んだりするほど、その頃景気づいて来ていた店の経済が、暗いお島などの頭脳では、ちょと考えられないほど
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
それを先頭にして、夫人とお鶴とを乗せた車は順に砂地の道をり始めた。
灯火 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
おつそろしくのある文章だ! 一目で人間の書いたものでないことが分つてしまふ——初手はちやんとまとまつてゐたが、末の方で犬式に足を出してしまつてゐらあ。
狂人日記 (旧字旧仮名) / ニコライ・ゴーゴリ(著)
「今度ばかりは全く見当違いだったよ。権三郎と気が付いたら、劈頭から踏込んで縛るのに、三人の武家にばかり眼を付けて、とんだ手間取ってしまったよ」
鼻汁をたらしていると、東京へ行って笑われるで、綺麗に行儀をよくしているだぞ。」と、父親はお庄の涕汁なぞをんでやった。気の荒い父親も旅へ出てからの妻や子に対する心持は優しかった。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
その日はもう発端から晴れがましく、心を奪うようにできていた。
承った処では、居士だと、牡丹のおひたしで、鼠は朝顔のさしみですかな。いや、お話がおくれましたが、端初から、あなた——美しい像は、跣足だ。
半島一奇抄 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
五陵の年少は 争って 纒頭を贈る
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
怪量は詳しく当時の模様をした。時どき自分で可笑くなると見えて大声を出して笑った。怪量を取り調べていた役人は同僚と何か相談した。そして、向き直って怪量を睨みつけた。
轆轤首 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
滔々たる水路五百余里れて東海に入り、巨濤に千し風波に万すれども断折砕粉せず、直身挺然として我国の洋中ひ、北海の地方により、椎谷貧民れてて水を
濛々とする秣草のほこりに噎せ反つて、私は眼や鼻腔をおさへたまゝ枯草の中へ打ち伏すのであつた。
剥製 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
微細い奴は蚊帳の目をこぼれて、むらむら降懸るものですから、当初一旦寝たのが、起上って、妹が働いて、線を手繰って、次のへ電燈を持って行ったので、それなり一枚けてあります。
甲乙 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
……それでも、当初乗った時は、一つ二つ、席の空いたのがありました。
甲乙 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
皇后が、天平の美と信仰を代表さるる花華として仰がれていた証拠でもあろうか。かようにしく美しい伝説のまつわっておらるる方は、わが国史でも皇后以外にはない。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
天平花華
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
……といって閨房らしい艶媚しさも、ほのめいていない……夢のように淡い、処女のように人なつかしげな、桃色のマン丸い光明が、巨大な山脈の一端らしい黒い山影の中腹に
白菊 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
その近傍海岸の村に住んでいる二人の漁夫が、月夜に、近くの峠を越して、深い林の中を、二人談しながら、魚類の沢山入っている籠を肩にして、家の方へ帰って来ると、その途中で
月夜峠 (新字新仮名) / 水野葉舟(著)
ジキタリスの紫の花弁は王冠につけた星のように曠野の中で輝いているし、紅玉色をした石竹の恰度陸上の珊瑚のように緑草の浪にれながら陽に向かって微笑を投げている。
死の復讐 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
鎌の鼻といふのは鎌の八七、七と八を掛けて七八の五十六だ。千次郎はそれを八十七と思ひ込んだから、飛んでもない方へ行つてしまつた
そうして座頭は其代りとして、莫大な典物を頂戴した。
天主閣の音 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
自分じゃ、この俺様ほど金持で気儘な人間はないと思ってるんだ。ロシヤからここへ追放されて来たとき、俺は初日からこう極めたんだ——何にも欲しくはねえ! ってね。
追放されて (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
後影を起上りながら、長二が恨めしそうに見送って居りましたが、思わず跣足で表へ駈出し、十間ばかり追掛けて立止り、向うを見詰めて、何か考えながら後歩して元のに戻り
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
はいにもしましたが、此品秘蔵でございますから、此品だけはうも売却すことが忌嫌でございますから、只今もつて麪桶りに傍離さずに使つてります。
山端に出た一人の獵師は、(彼の犬は平氣でさつさと先を急いでゐる)ちやうど彼のふり反つた鼻の先の、落葉松に話しかける。「やつたぜ、また」
(旧字旧仮名) / 三好達治(著)
子、魯の大師にげて曰く、楽は其れ知るべきなり。始めてすとき翕如たり。之をてば純如たり。皦如たり。繹如たり。以て成ると。
論語物語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
「露八。ここを放免してやっても、まさか貴様、またお蔦のところへ、二度と帰るのじゃあるまいな」
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「根岸にはお大名の別荘が沢山あるけれど、加賀様のお姫さまがたは揃ってお美しかった。お前さん、の咲くころに、お三方もお四方も揃っておになると、まるで田舎源氏の挿絵のようさね。」
立去り我が家へ歸りりしこともとも成しとて夫より只管菩提らはんと思ひを供へ香をて只々一途に後生を願うて所に其夜丑刻頃と思ふ折しも表の戸を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
恰も我が力なく能なく弁なく気なきを罵るに似たり。は斯の如く我に徹透す、而して我は地上の一微物、渠に悟達することのはだ難きは如何ぞや。
一夕観 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
色やりを悩ましいまでに発散すように、栞も、恋心を解放し、にわかに美しさを加えたのであった。
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
せておさまは何故そのやうに御心よわいせられるぞ八重元來愚鈍なり相談してからが甲斐なしとしめしてかれぬ御使ひも一は一先方さまどの御情しらずでらうともかぬといふあるなしともしてお屹度へさせますものを
五月雨 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
むつみあふことなき愛に秘花濡れて素直に君は妻と云ひ添ふ
遺愛集:02 遺愛集 (新字新仮名) / 島秋人(著)
マリウス敗れて此河岸に濳み、萬死を出で一生を得て、難を亞弗利加に避けしが、その翌年土を捲きて重ねて來るや、羅馬府を陷いれ、兵をちて殺戮せしむること五日間なりき。
と聞くと、何家も逃げを張って、花代に依らず、座敷へ出てがない。
春の雁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ったわね、ちゃん。」と、花子さんがいいました。
ボールの行方 (新字新仮名) / 小川未明(著)
阿国歌舞伎でおぼえた小歌を口誦みながら、朱実は、家の裏へ下りて、高瀬川の水へ、洗濯物の布を投げていた。布を手繰ると、落花の渦も一緒に寄って来た。
宮本武蔵:03 水の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
シエッペラアクは、自分の家であった洞窟を出て、始めてその小さい流れを越え、巌石のを曲がった時、彼は自分の下に輝いている現世の平野を見下ろした。
人馬のにひ妻 (新字新仮名) / ロード・ダンセイニ(著)
色やりを悩ましいまでに発散すように、栞も、恋心を解放し、にわかに美しさを加えたのであった。
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
このりしが大將説明せば、雀躍してび、成長ならば素晴らしき大將り、などはでもなくち、そして此樣書物かれるりて
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
それがひどく阿英に似ているので、嫂は珏にそういって傍へいってべさした。果してそれは阿英であった。珏はうれしくてうれしくてたまらないので、そのままをつかまえてさなかった。
阿英 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
きょうの正午過ぎに釈放された上に、舟まで返してもろうた。
爆弾太平記 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
こたびはの事とて忙しきまで追ひかけ追ひかけて魚の鉤に上り来れば、手も眼も及びかぬるばかりなり。
鼠頭魚釣り (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
頴花青じろき稲むしろ、 水路のへりにたゝずみて
文語詩稿 一百篇 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
型の通りお墓の前に香花を捧げ、本堂に立寄られるまでは無事でございましたが、今度は本堂裏のお位牌堂にお参りしたいと仰しゃるのでございます。
蛇性の執念 (新字新仮名) / 大倉燁子(著)
「今くこの水門に往きて、水もちて汝が身を洗ひて、すなはちその水門のを取りて、敷き散して、その上にびなば、汝が身本ののごと、かならずえなむ」
『淀屋が何じゃ……浮橋、皆を呼べ、黄金いてやろうぞ、奥の座敷に、負けぬ黄金を』
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ついでだから説明しておくが、鼻垂先生とあだ名のついた理由は、鼻腔膜炎で、鼻の手術を受けた後、毎日ハンカチを五枚も換えるくらい、鼻涎を垂れるからである。
空中征服 (新字新仮名) / 賀川豊彦(著)
子供の時分に私はよく鼻液が出ました。それを兩方の袖口で拭きましたから何時でも私の着物には鼻液が干乾び着いて光つて居りました。そればかりでなく、着物の胸のあたりをも汚したものです。
まだ生々としている小さな金壺眼は、まるで二十日鼠が暗い穴からがった鼻面を突き出して、耳をてたり、髭をピクピク動かしながら、どこかに猫か