トニオ・クレエゲル
冬の太陽は僅かに乏しい光となって、層雲に蔽われたまま、白々と力なく、狭い町の上にかかっていた。破風屋根の多い小路小路はじめじめして風がひどく、時折、氷とも雪ともつかぬ、柔らかい霰のようなものが降って来た。 学校が退けた。鋪石の敷いてある中庭 …
作品に特徴的な語句
ベレッツァ あき がかり そり がく むな 鐃鈸にょうはち 発端はな 顫音トリル がわ おん ちな つの まこと 饒舌じょうぜつ まなこ 面立おもだち いや かす 滑石かっせき ろう 退 はぐく きびす だま 形容なりかたち おう さいな いい つつ わか 明色ブロンド 旋舞ムリネエ さかずき 燻製くんせい 相俟あいま 相半あいなかば 真摯しんし まぶた 破風はふ あお 碧眼へきがん わざわい まれ 稀有けう 突飛とっぴ うかが こも あら 糠雨ぬかあめ あか ひも 綽々しゃくしゃく しま ののし 羨望せんぼう 老獪ろうかい ふと ひじ 背嚢はいのう 胡桃くるみ あぶら 脚絆きゃはん こけ 英邁えいまい 蒐集しゅうしゅう 蒸焼むしやき あお さげす おお 薔薇ばら あい 蛆虫うじむし 蝋燭ろうそく 蝶番ちょうつがい 鋼色はがねいろ さび 鎧戸よろいど のみ しきい 闊歩かっぽ 銷沈しょうちん