“鎧戸”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
よろいど92.0%
よろひど8.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
日はもう暮れかけていましたが、大屋敷の窓にはまだ鎧戸が下してありませんでしたので、内部の様子をちらと覗くことが出来ました。
不在のときには、きわめて巧妙に、細枝でつくったでしっかりとドアの取っ手をしばりつけ、鎧戸には心張棒がかってあった。
私は門のところにらひ、芝生の上にらつた。鋪石道を往きりした。硝子戸鎧戸つてゐて内部を見ることは出來なかつた。
柱だけの白いバンガロオが一軒、若い松の群立つた中にひつそりと鎧戸してゐる。——それを写生してゐるのだつた。
O君の新秋 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)