小公女しょうこうじょ
この『小公女』という物語は、『小公子』を書いた米国のバァネット女史が、その『小公子』の姉妹篇として書いたもので、少年少女読物としては、世界有数のものであります。 『小公子』は、貧乏な少年が、一躍イギリスの貴族の子になるのにひきかえて、この『 …
作品に特徴的な語句
メール ペール すこ いく 偶然アクシデント がわ 妖精フェアリイ 女王クウィン 先生ムシュー 先生マダム 妖女フェアリー 皇帝ツアル つなが 女王クウィイン うずま ささや 養母おかあ 寝室ベット しゃ 学校スクール 四辺よも あし しあわせ 頭布タアベン 寝台ベット とどま つま おお 欷歔すすりな はずか 父子ふたり 上座しょうざ みとめ 養母かあ 伴侶みちづれ 午餐おひる つめ 縁飾フリル ダース 妖女フェアリイ 天窓ひきまど 変物エクセンドリック しん 幸運しあわせ いか 手套マッフ 接吻キス つめた 燈籠カンテラ 下袴ペティコート 優雅しとやか 狼狽あわて おお 空虚からっぽ あたたか つぶ 衣裳なり わらわ かけ 魅惑チャアム 天使エンゼル 貂皮アアミン そね 下髪おさげ 室内へや 炉棚ホップ くず ころが 家庭ホーム 退 ただよ 飾帯サッシ おお わき ただ うしろ 紙片かみぎれ ベル はずか 一切ひときれ みた つつま 最中さなか しょう へり 非人ペエリア 挙止ものごし いかり せん ほこり 手巾ハンカチ そばだ べに 見聞みきき まず さぐ 煖炉ストーブ 貂皮てんがわ 姫宮プリンセス 煮立にえた