“飾帯”のいろいろな読み方と例文
旧字:飾帶
読み方割合
かざりおび33.3%
しよくたい33.3%
サッシ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それは無愛想な、いや、残忍な顔つきの男で、水夫らしく青い着物にきいろの飾帯をしめ、あみ目のほどけかかった、つぶれたむぎわら帽を、ぐいとななめにかぶっていた。
二人の女の子は、白いレエスの服に美しい飾帯を着けて、先に馬車へ乗りました。それにつづいて、五歳の少年ギイ・クラアレンスが乗りこもうとしていました。