“碧眼”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
へきがん77.3%
あおめ22.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
隊長シュミット氏は一行中で最も偉大なる体躯の持ち主であって、こういう黒髪黒髯の人には珍しい碧眼に深海の色をたたえていた。
北氷洋の氷の割れる音 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
けれども僕の最も深く最もひそかなる愛は、金髪碧眼の、晴れやかに溌剌とした、幸福で愛想のいい凡庸な人々の所有なのです。
可哀そうに、彼女はぐったりとのけに首を垂れ、その碧眼は、眼瞼をあげられたまま、きょとんと私の方を見ています。
麻酔剤 (新字新仮名) / モーリス・ルヴェル(著)
この青眼虎の李雲という人物は、あだ名の如く、碧眼羅馬っ鼻の若い西蕃人である。従って、ひげは赤く、四長やかで、しかも西蕃流撃剣の達人として沂州では評判な男であった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)