死の復讐しのふくしゅう
季節は五月。花の盛。南方露西亜のドン河の岸は波斯毛氈でも敷き詰めたように諸々の花が咲いている。ジキタリスの紫の花弁は王冠につけた星のように曠野の中で輝いているし、紅玉色をした石竹の光は恰度陸上の珊瑚のように緑草の浪に揺れながら陽に向かって微 …
作品に特徴的な語句
はな まさし 此家このいえ 目下めのした 危険あぶなく れん 前方まえかた 所得ところえ 音信おとず 家内なか 加之しかも うなり 執念しつこ なり いかり ゆら 此方こっち ねむり 草花そうか 雌雄めお 俯向うつむき 彼奴きゃつ 恍惚うっとり つか 疏通はけ 疲労つか 真実ほんと 睦言さざめごと しま かん 茫然ぼんやり はるか 骨牌カルタ なが しま たがい 互替かわるがわる 伐截ばっさい たたず そば 先刻さっき 全然まるで その 其奴そいつ 冷笑あざわら いか 可笑おか 周囲まわり 呶鳴どな いなな おど 壮健たっしゃ 媒介なかだち へや うち 小丘おか 屹度きっと 廃屋あばらや 弾丸たま 彷徨さまよ 彼方かなた たちま 恰度ちょうど 拳銃ピストル ふる しばら この ようや 理由わけ 眼前めのまえ ねむ 矢張やは 種子たね 突嗟とっさ やつ 笑声わらいごえ 紅玉ルビー 脂肪あぶら 花弁はなびら 草屋くさや 衝合ぶつか 言祝ことほ 證拠しょうこ 這入はい 遂々とうとう 遣口やりくち 雲雀ひばり ふる