“小丘”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おか22.2%
しょうきゅう22.2%
こおか11.1%
こやま11.1%
しようきゆう11.1%
せうきう11.1%
ヲムレ11.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小丘の下に、加之向かい合って立っていることで、これが普通の仲でしたら、お互に寂しいのが媒介となって却って親しくなるのですけれど
死の復讐 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
前波不動の幽雅な小丘を右に見て、また耳に聞く左はの音のしずかな絵絹織る松倉の里である。
木曾川 (新字新仮名) / 北原白秋(著)
禿げた小丘背後って古びた工場が建っていた。工場の持主のコックニー博士が行方不明になってからまだ三月しか経っていないのに工場は既に廃屋同然恐ろしい程に荒れていた。
物凄き人喰い花の怪 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
乙女たちの一団は水甕を頭にせて、小丘の中腹にある泉の傍から、いながら合歓木の林の中に隠れて行った。
日輪 (新字新仮名) / 横光利一(著)
これはえず蒸氣火山灰鎔岩中央小丘からたものであつて、かゝる平地火口原づけ、外輪山する中央火山中央火口丘づける。
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
朝夕餘暇には、二階より、家外小丘より、また海濱埠頭より、籠手してかなる海上觀望せられんを。
新漢なる小丘に雲だにも くし彷彿ば、何か嘆かむ(斉明天皇——同)
叙景詩の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)