“おか”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:オカ
語句割合
可笑42.0%
11.6%
10.6%
7.3%
可怪6.6%
4.8%
3.5%
3.1%
2.8%
1.6%
怪訝0.8%
0.6%
可訝0.5%
0.4%
笑止0.4%
陸地0.3%
丘陵0.2%
阿母0.2%
御掛0.2%
ヶ岡0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
小丘0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
坑外0.1%
陸上0.1%
ヶ丘0.1%
御母0.1%
0.1%
不審0.1%
丘壟0.1%
丘嶽0.1%
0.1%
可咲0.1%
0.1%
御懸0.1%
御描0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
陸影0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
天晴天下の物知り顔をしているようで今日から見れば可笑しいかもしれないが、彼のこの心懸けは決して悪いことではないのである。
西鶴と科学 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
水戸家のお下屋敷かどから堀川を左に曲がって、瓦町からへ上がると小梅横町、お賄い方組屋敷までへは二町足らずの近さでした。
右門捕物帖:30 闇男 (新字新仮名) / 佐々木味津三(著)
女にして見たいような美男子だが、底になんとなくとしたところがあってしがたいので、弥生より先に鉄斎老人が惚れてしまった。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
がると、のころは、新緑夢見るようにった、たくさんの木立は、いつのまにかきられて、わずかしかっていなかった。
風はささやく (新字新仮名) / 小川未明(著)
尠くとも、今迄は相当に微細な小径まで符合していた地図が、この沼に限ってそれを全然落している、というのも可怪しなことだった。
植物人間 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
「フーム、面白いな。番頭の言い草は『娘を口説け』と言わぬばかりだ。なんてものは、あまり人様に好かれる稼業じゃないが」
銭形平次捕物控:282 密室 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
それ二階三階居合せたが、階下ることの危險してまで屋外さうとする不見識行動排斥すべきである。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
無知な者は、罪をす時まではそんなに大それたことと思わないでいて、犯した時に至って初めて、その罪の大きかったのに仰天する。
なるほど、どうも様子がしいと思ったら、盲人であったか、道理こそさいぜんから口だけ親切で、身体に気を許さないのがわかった。
大菩薩峠:19 小名路の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
是までに思い込まれし子を育てずにれべきかと、五歳のお辰をつれて夫と共に須原りけるが、因果は壺皿のまわり
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
怪訝しいな、成程、親方のいう通り、あの天井からは、恰度引幕の陰になって見えない筈だ——)
夢鬼 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
何となく彼は、かツとして続けて憎態なことを二三言云つたが、何だか彼はしかつた。——可笑しくもあつた。
鏡地獄 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
両画伯を招待さ……「見苦しゅうはごわすが、料理店は余り露骨……」料理屋の余り露骨は可訝しいがね、腰掛同然の店だからさ、そこから、むすび針魚
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
稜角の端まで這い出して、小さい——古代の動物の骨のようにゴロゴロ転がっている石の堆積——の上に立った、石はビッショリと濡れて、草鞋が辷る。
白峰山脈縦断記 (新字新仮名) / 小島烏水(著)
で、貴方はよい時代ようとしてもいられるでしょうが、いや、うことはいかもれません、笑止しければおさい。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
と山三郎はひらりっと陸地ったが、此の土地は何国かは知らずし人家もなくば、少し浪がになったから帰ろうという時に船がなければならんから、命の綱は此の船だ、大切と心付いたから
の大樹に連なっている小径——その向こうをだらだらと下った丘陵の一軒家、毎朝かれはそこから出てくるので、の低い要垣を周囲に取りまわして、三間くらいと思われる家の構造
少女病 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
「まあ、待つとくんなはれ、一度阿母はんに聞いてみますよつて。」
「あゝさうですか。調べてませう。鳥渡つてさい。そこへ御掛けなさい。」
吾妻橋 (新字旧仮名) / 永井荷風永井壮吉(著)
大「拙者は根岸の日暮ヶ岡る、あの芋坂を下りた処に」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「この玄徳は、大漢の宗親。笑うべし、汝何者ぞ。みだりに天子の儀を曲者。きょうこそ大逆をらしめん」
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
彼等は夕日の照り映えた美しい景色を見下ろしている。円屋根のような形をした物淋しいの出っぱりを縫って行くと、とある木立の下に古い、くちはてたような一脚のベンチがあった。
カリンポンに着す その翌日雨をしてカリンポンに着きました。その間十五、この都会はダージリンの東、一つの大なるてあります。ダージリンより余程土地が低い。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
こうして一方は断崖に臨み背後小丘と辻堂を背負った要害の地勢まで来た時には、既に背後には十間を隔てて数百匹の狼が走って来ていた。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
轔々蕭々行人弓箭各腰にあり。爺嬢妻子走って相送り、塵埃見えず咸陽橋。衣をき足をり道をす。哭声ただちに上って雲霄す。
将来の日本:04 将来の日本 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
ふとのっそりの噂に火が飛べば、とろりとなりし眼を急に見張って、ぐにゃりとしていし肩をだて、冷とうなった飲みかけの酒をしく唇まげながら吸い干し
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
北野のという医者の家であったが、その前に夏になると美しく蓮の花の咲く大きな池があった。
故郷七十年 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
正当不正当の問題が、他の利害の問題のためにされて変って来そうに思われたのである。
ある日の経験 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
坑外へ出るだけでも、八百尺をケージで昇り、——それは三越の六倍半だ——それから一町の広い横坑を歩かねばならない。
土鼠と落盤 (新字新仮名) / 黒島伝治(著)
市三は、どれだけ、うら/\と太陽が照っている坑外で寝ころんだり、はねまわったりしたいと思ったかしれない。
土鼠と落盤 (新字新仮名) / 黒島伝治(著)
現在、陸上では酒場でも税関でも海員奴等が寄るとるとそのばっかりで持切ってますぜ。
難船小僧 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
「……昨夜陸上で妙な話を聞いて来たんですがね。今度お雇いになったあの伊那一郎って小僧ですね。あの小僧は有名な難船小僧っていうく附きの代物だって、、云ってますぜ」
難船小僧 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
ヶ丘とはそのお宿の砂丘にかつてたのまれて私が名付けたものであったが、こうしてちかぢかと来て眺めるのは今が初めてである。
木曾川 (新字新仮名) / 北原白秋(著)
ヶ丘がどれほどの童ヶ丘になりきたったか。この機会にく観て置きたいと私は思ったのである。
木曾川 (新字新仮名) / 北原白秋(著)
「まだ食いなさらんか、早く御母あさんに煮て御貰い。唐津の山の芋は東京のとは違ってうまかあ」
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
御母あさま、夕べ泥棒が這入ったの?」と姉が尋ねる。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
朱実は、あなたと初めて伊吹の下で会った時のように、もうれのない野の花ではありません。人間にされての女になってしまったつまらない女です。
宮本武蔵:04 火の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
……私は、私はもう名は……名はいえませんが或る者のために処女ではなくなりました。けれど、心はされてないつもりです。ちっともされない心を今も持っているんですの……
宮本武蔵:04 火の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
『宵から、裏の浜辺に、不審しな人影が、張番みてえに立っているので、わざと、表へ廻しておきましただが』
夕顔の門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
大人足跡という口碑は、すでに奈良朝期の『常陸風土記大櫛岡の条にもある。丘壟の上に腰かけて大海のを採って食ったといい、足跡の長さ四十余歩、広さは二十余歩とある。
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
山中には三水と唱える金性水竜毛水白毛水の清泉が湧き、五つの瀑布と八つの丘嶽とまた八つの渓谷とがあって、れも奇観だ。
本州横断 癇癪徒歩旅行 (新字新仮名) / 押川春浪(著)
彼はその夫とに在るをはんやう無きなれど、又そのを守りてこの家にるるをもへ難くきものに思へるなり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
そうして今はほぼ忘れた人も多かろうが、このツビまたはスビというのが、じつはよっぽど可咲しいれの名だったのである。
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
吉田のから白河へ落ちてゆくそこの流れも、冬のうちは氷が張りつめていて、なにをするにも、手の切れるような冷たさであったが、もう水もんで
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
貴所に此の最後の——縲絏の耻辱を御懸け申すのも、私の弱き心からで御座います
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
旦那も画を御描きなさるか」余の絵の具箱はけてあった。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
そんな高利を借りても急をはにやれんくらゐの困難が様々にある今の社会じや、高利貸を不正と謂ふなら、その不正の高利貸を作つた社会が不正なんじや。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
神はマリアをした如く
酒友列伝 (新字新仮名) / 山之口貘(著)
すこし、気がしいんじゃないんでしょうか
宮本武蔵:02 地の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
扨も/\、御ものがたりのしさハ、じつにはらおつかみたり。秋の日よりのたとへ、もつともおもしろし笑しと拝し申候。
その翌日になっても死体を埋葬するに忍びないので、瓦を積んでを作って、地下一、二尺のところに納めて置いた。
初夏の自然は鬱陶しい緑で、は浮き出て、林は無限に暗く拡がっていた。
不思議な鳥 (新字新仮名) / 小川未明(著)
陸影を離れてから間もない三日目の、二十三日の朝早く、無電技手が腰を抜かしたまま船橋から転がり落ちて来た。
焦点を合せる (新字新仮名) / 夢野久作(著)