“新緑”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しんりょく69.2%
しんりよく30.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
がると、のころは、新緑夢見るようにった、たくさんの木立は、いつのまにかきられて、わずかしかっていなかった。
風はささやく (新字新仮名) / 小川未明(著)
その日はいかにも初夏らしいお天気で、丘の上の新緑はほんのりかすみ、空も水もふっくらとふくらみ、かわずはねむそうにないて、なんともいえないいい気持でした。
あたまでっかち (新字新仮名) / 下村千秋(著)
これで若葉しいや、新緑緑色のこともおわかりになつたとひますから、ぎには樹木生活についてしおをしませう。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
畫題は『自然』と謂ツて、ちらし素裸が、新緑雑木林はれたに立ツて、自分の水面に映ツてゐるのをツてゐるところだ。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)