“緑色”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みどりいろ81.2%
りょくしょく11.6%
りよくしよく5.8%
エメラルド1.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それから二人が、へこしをおろしました。じっと、のおもてをみつめていると、へ、緑色がうつりました。
花かごとたいこ (新字新仮名) / 小川未明(著)
しい店前には剥製不恰好して、周圍には空箱緑色膀胱びた種子使りの結繩
ふるに前檣々頭一點白燈と、左舷紅燈えで、右舷毒蛇巨眼緑色舷燈せるは、船橋にも、甲板にも、舷窓からも、一個火影せぬかの
下をのぞくと、千古の神秘をひそめた碧海湾の波が、深い深い緑色をたたえている。細長い水道の近くに、ぽつんと見える黒い点は、狼岩であろう。
昭和遊撃隊 (新字新仮名) / 平田晋策(著)