“青緑色”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
せいりょくしょく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“青緑色”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
毒々どくどくしい青緑色せいりょくしょく稲妻いなずま天井裏てんじょううらにまで飛びあがった。
白蛇の死 (新字新仮名) / 海野十三(著)
私が、にわかに判断しかねていると、その水中塔の頭が、とつぜん、ぴかりと光った。それはうつくしい青緑色せいりょくしょく閃光せんこうだった。
地球要塞 (新字新仮名) / 海野十三(著)