白蛇の死しろへびのし
浅草寺の十二時の鐘の音を聞いたのはもう半時前の事、春の夜は闌けて甘く悩しく睡っていた。ただ一つ濃い闇を四角に仕切ってポカッと起きているのは、厚い煉瓦塀をくりぬいた変電所の窓で、内部には瓦斯タンクの群像のような油入変圧器が、ウウウーンと単調な …
作品に特徴的な語句
いず かかえ よう あわ 蒼白まっさお まつわ 後世ごしょう けん 銀杏ぎんなん けえ けん 手前てまえ あるい 花香はなか なやま ずね 翌朝よくちょう 彼処あそこ さいわ 毒々どくどく 淫祠ほこら 頓着とんちゃく 静寂せいじゃく もら ひそ ひつぎ あかり 何故なにゆえ 何方どっち ゆす きびす あが あやう 虚言きょげん 可成かな 真直まっす しら こわ わたし ろう みゃく とま 淫蕩いんとう 温味あたたかみ 潜伏せんぷく 濃艶のうえん 無惨むざん しか 爛々らんらん じい 狼狽ろうばい なお 猶予ゆうよ たま 現場げんじょう 瓦斯ガス よし 痩馬やせうま 痴情ちじょう 白蛇しろへび 相棒あいぼう 相違そうい 真紅まっか 眼瞼まぶた にら 瞳孔どうこう 矢張やは 硬張こわば たしか まつ たた ほこら さと 訊問じんもん つま 識別しきべつ 護送ごそう 蹴出けだ 軒灯けんとう ほとばし 途端とたん 通夜つや 遊廓ゆうかく 遺恨いこん 酒倉さかぐら 頓死とんし くび 頼母たのも 露路ろじ