“頓死”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
とんし96.1%
まぐ3.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
日本精神病学界の双璧といわれて居る狩尾博士が脳溢血で頓死されなかったら、あのまゝ従前の活動状態に復帰されたかも知れぬ。
闘争 (新字新仮名) / 小酒井不木(著)
こうして話しながら引返したが、変死、頓死——とにかく父は尋常の死方をしたのではないということが、私たちの頭に強く感じられた。
父の出郷 (新字新仮名) / 葛西善蔵(著)
』は頓死れてにぬとも
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)
「時」は頓死れて死にぬとも
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)