平民の娘へいみんのむすめ
此の日も周三は、畫架に向ツて、何やらボンヤリ考込むでゐた。モデルに使ツてゐる彼の所謂『平民の娘』は、小一時間も前に歸ツて行ツたといふに、周三は尚だ畫架の前を動かずに考へてゐる。何を考へてゐたかといふと …
作品に特徴的な語句
夜叉やしや 長火鉢ながひばち 近頃ちかごろ 公達きんだち 幾個いくつ 下卑げび 嘆息ためいき 井戸ゐど ちん 諸共もろとも 合槌あひづち 寵愛ちようあい 母娘おやこ 度毎たびごと 混沌こんとん 看板かんばん 捗取はかど 反物たんもの ひろ 手蔓てづる 繰返くりかへ 掃溜はきだめ 困憊つかれ 不足ふそく 日蔭ひかげ 石膏せきかう 一筋ひとすじ 場合ばあひ 決心けつしん 笑靨ゑくぼ さすが にな 奥床おくゆか 小皺こしわ 齷齪あくせく 杞憂きいう 片手かたて 家作かさく むし 湯呑ゆのみ 左程さほど 破目はめ 放逐ほうちく 杜若かきつばた 下町したまち 金箔きんはく 苦痛くつう 遵奉じゆんぽう 突如いきなり だま おん 束縛そくばく 波濤なみ 湯屋ゆや いと 單衣ひとえ 生際はえぎは 緑色みどりいろ 有様ありさま 或時あるとき とく 艶麗えんれい 不愉快ふゆくわい 待乳山まつちやま 臆病者おくびやうもの 雑作ざふさ 人柄ひとがら 意久地いくぢ 慘憺さんたん 不平ふへい 持出もちだ わに 塵芥ごみ 鰐口わにぐち 大仰おほげう 嬌態しな 毎晩まいばん 田舎者ゐなかもの 奔走ほんそう あらた 楊子やうじ 疑問ぎもん 道具どうぐ 賭場とば 眞面目まじめ 輪郭りんくわく 不恰好ぶかつかう 小突こづか 出掛でか 散歩さんぽ はま 縦横じうおう 信仰しんかう 孑孑ぼうふら 我執がしふ