平民の娘へいみんのむすめ
此の日も周三は、畫架に向ツて、何やらボンヤリ考込むでゐた。モデルに使ツてゐる彼の所謂『平民の娘』は、小一時間も前に歸ツて行ツたといふに、周三は尚だ畫架の前を動かずに考へてゐる。何を考へてゐたかといふと、甚だ漠然としたことで、彼自身にも具體的 …
作品に特徴的な語句
ひやツこ さひはい しか まぬが とし 何方どちち きよらか がへり 大概たいげ なまくら ぎやく さけび にほい じツ ほぼ はづみ はみ つくの うかゝ まほり ただ みつ ひやゝか いさゝか わけ みがき やかま てん つら 打付ぶツつ そゝの これ あるき ゆるやか がふ おくれ こさ しん いらだ ひゝき めかけ たゝよ 冒頭のつけ かゝり 温順おんじゆん むづか さま チヤーム あつたか かは なか たる よし あたき 眼前めつき ふる 爽快たうかい ドーア さい おツ みき うとん まとまり うるみ 爽快そうくわい うち かはり かか きれ 憫然かあいさう たん 永劫えいがふ 日光ひのめ こち 繊細きしや 所天をツテ しかる 引越ひツこ をり やはらか まゐ みえ すは こぼ かう きまり くわツ 夫婦いつしよ にほい