不思議な鳥ふしぎなとり
車屋夫婦のものは淋しい、火の消えたような町に住んでいる。町は半ば朽ちて灰色であった。 町には古い火の見櫓が立っていた。櫓の尖には鉄葉製の旗があった。その旗は常に東南の方向に靡いていた。北西の風が絶えず吹くからである。また湯屋があった、黒い烟 …
作品に特徴的な語句
つやっ むけ 可憐しお いっ ふっ つい きっぱ なみ ほし あく うずま かう 呻吟うめく あげ じき おろ ふる かっ しずま あわて たっ ぬか きもの おら ちいさ よっ ぬっ さわが たび つぶら 杜絶とだえ とっ もっ 地面じびた ばかり かっ おか うっ なく 課業しごと わし おい 漸々だんだん ふせ なくな 薄紅うすあか 斯様こんな 撞木とまりぎ 接吻キッス たず のろ はず 何様どんな うそ 寂寞ひっそり 商家あきないや 一陣ひとしきり えが 燈火あかり 燈明あかり うらら にわとり とも とも あたた はね なか 頭髪かみのけ しば つつ あざ うり 彼方あちら 垢染あかじみ たんぼ 悪摺わるずれ 見詰みつめ 襤褸つづれ おれ かか かんじ さき なつ なる
題名が同じ作品
不思議な鳥 (新字旧仮名)田山録弥 田山花袋 (著)