“針魚”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
さより100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“針魚”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
恰好かたちのいい針魚さよりのような肢体——それを包んだ黒ずくめの中から、白い顔と半襟の水色とがクッキリと浮出ていて、それが、四十女の情熱と反面の冷たい理智を感じさせる。
後光殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
針魚さより 五六・八五 三九・一八 一・六〇 二・三七
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)