夕顔の門ゆうがおのもん
『はてな。……閉めて寝た筈だが』 と、若党の楠平は、枕から首を擡げて、耳を澄ました。 ——風が出て来たらしい。 海が近いので、庭木には潮風が騒めいている。確かに、寝しなに閉めたとばかり思っていた庭木戸の扉が、時折、ばたん——ばたん——と大き …
作品に特徴的な語句
容貌かおだ 痙攣ふる かね 不審おか がしら 飯櫃ひつ いず 彼方むこう 過失あやま うつ 行燈あかり まな 彼方あなた かしず こと かん ほん そも ぎょ 復讐しかえし うしろ はず ぬの 黄昏たそが ざわ おのの ひら にわか あやま 逐電ちくてん 退 おっ しゅう だく おい ふん はま 笠懸かさか まこと 男女ふたり かん 温泉 けん 曲者しれもの ひま 明日あした ぬぐ あわただ すく いか 彼奴きゃつ つい かくま うな 何処いずこ じっ もと 仲間ちゅうげん もら いや 刺止とどめ そその 冷々ひえびえ 襦袢じゅばん 蔓草つるくさ 其方そち はかま 股立ももだち 行末ゆくすえ 肩肱かたひじ ひじ もろ 若党わかとう つる 蚯蚓みみず しお 莿茨とげいばら 良人おっと みずか 蝙蝠こうもり しん