“不審”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふしん59.2%
いぶか19.7%
いぶかし10.8%
いぶ4.5%
いぶかり2.5%
あやし0.6%
いぶかしく0.6%
いぶかる0.6%
おか0.6%
ふしぎ0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
どうして、こんなところにきたろうと不審いながら、よくていますと、子供らは、たいへんにこのをかわいがっていました。
少年の日の悲哀 (新字新仮名) / 小川未明(著)
『へえ、妙なことが有れば有るものだ。』と敬之進も不審しさうに、『それで、何ですか、奈何な風に君を呼びましたか、其声は。』
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
それかと云つて、自分の恋人の父を、なく返す気にもなれなかつた。彼女が躊躇してゐるのを見ると、子爵は不審さうに訊いた。
真珠夫人 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
「さにはあるまじ。いかで山がらすをさはおもふべき。あのね聞き給へ、よもあやまらじ」と不審かしうなりて言へば
すゞろごと (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
買取るに同じく漏居ければ十兵衞不審ながら立歸りしが其夜に至り子息庄左衞門逐電せし事を始て聞知り切齒を爲て怒り歎きしが夜中に書置
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
意外な安二郎の迎えを豹一は不審んだが、実はお前の母親のことやがとわざとお君とも女房ともいわずに喋り出した安二郎の話をきくと、事情が分った。
(新字新仮名) / 織田作之助(著)
持參せし由其酒にて醉伏相果候事と存じられ候と聞より彌々不審思ひ次右衞門申樣右寶澤の顏立下唇黒痣一ツ又左の耳の下に大なる黒痣有しやと聞に如何にも有候とるにぞ然ば天一坊は其寶澤に相違なしと兩士は郡奉行遠藤喜助にひ其寶澤の衣類等御座候はゞ證據にも相成るべく存じ候へば申受度と云に喜助申樣夫は
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
不審の心は旦夕に變るものとは云ども彦兵衞殿は平常正直過ぎて人と物言など致されし事もなきお人なれば盜みは勿論を殺す樣なる事のあるべき筈なし何共合點の行ぬ儀なりと云を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
『宵から、裏の浜辺に、不審しな人影が、張番みてえに立っているので、わざと、表へ廻しておきましただが』
夕顔の門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「そしてお梅さんはどうなすって?」とお富は不審そうに尋ねた。
二少女 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)