“ふしぎ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
不思議91.4%
奇異3.7%
不測0.6%
奇観0.3%
不審0.3%
不審儀0.3%
不審議0.3%
不思儀0.3%
凶徴0.3%
可思議0.3%
奇蹟0.3%
怪奇0.3%
怪異0.3%
神秘0.3%
至妙0.3%
霊怪0.3%
霊異0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのしいはれてゐたを、ふと一小松すと、不思議なものでも見付けたやうに、くそれにらした。
日の光を浴びて (旧字旧仮名) / 水野仙子(著)
先頃村に火事が起きて、近所は丸焼に焼けてしまつたが、その富豪のみは奇異と無事に助かつた。
らず呼出されければ紙屑買共は不測に思ひ中には少しづつ内證物など買し心覺えのある者は思ひしより逃亡
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
盲目的にあなたの意志を行った人々の恥辱でございます、デヤドラの死よりもなお恐るべきは、美の大なる奇観神秘が滅びたことでございます、神々は呼んでおられます……コノールよ
ウスナの家 (新字新仮名) / フィオナ・マクラウド(著)
この奇観を知らむと望むものは
ウスナの家 (新字新仮名) / フィオナ・マクラウド(著)
「そしてお梅さんはどうなすって?」とお富は不審そうに尋ねた。
二少女 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
今度は傷の事から申します、第一はアノ背中に在る刃物の傷ですが是はむに足りません、大抵人殺は刃物が多いから先ず当前の事と見逃して扨て不審儀なのは脳天の傷です
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
浪子は怪訝な顔。いくも不審議に思える様子。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
物事道理じてよく其本ればしも不思儀なるにあらず。
改暦弁 (旧字旧仮名) / 福沢諭吉(著)
聖人がなくなられる時には天に凶徴があらわれると録してあります。
出家とその弟子 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
のちに思っても可思議なのだが、……くれたものというと払子に似ている、木の柄が、草石蚕のように巻きぼりして、蝦色に塗ってあるさきの処に、一尺ばかり革の紐がばらりと一束ついている。
夫人利生記 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「我らの不忠実を怒らせられ神が奇蹟を下されたのだ」
八ヶ嶽の魔神 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
紙帳は、血によって、天井も四方の側面も、ことごとく彩色られていた。そうして、古い血痕と、新らしい血痕とによって、怪奇な模様を染め出していた。
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
幽かな音に対しても木精を返すに過ぎないのであって、そうしてこの鸚鵡蔵も、それと同一なのであったが、無智の山国の人達には、怪異存在に思われているのであった。
鸚鵡蔵代首伝説 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
あたえられたる外物により、またあたえられたるこの肉体の経験を通して、霊智にまですすみゆくべき消息が、このようにして人間生活のあらゆる断面に現われているのは至妙である。
たましいの教育 (新字新仮名) / 羽仁もと子(著)
かく蛇を霊怪視したなるミヅチを、十二支のに当て略してミと呼んだは同じく十二支のをネズミの略ネ、を兎の略ウで呼ぶに等し。
かく那伽はもと帽蛇の事なるに、仏教入った頃の支那人は帽蛇の何物たるを解せず、その霊異にして多人に崇拝さるる宛然支那の竜同然なるより、他の蛇輩と別たんとて、これを竜と訳したらしい。