夫人利生記ぶにんりしょうき
瑠璃色に澄んだ中空の樹の間から、竜が円い口を張開いたような、釣鐘の影の裡で、密と、美麗な婦の——人妻の——写真を視た時に、樹島は血が冷えるように悚然とした。…… 山の根から湧いて流るる、ちょろちょろ水が、ちょうどここで堰を落ちて、湛えた底に …
作品に特徴的な語句
ただ つめと てまえ おんぶ 蒼白あお めくるめ すわ えがく うつく っぱ 細流ほそながれ 夫人ぶにん きまり ひと 髑髏しゃりこうべ あが やさし まつわ 音信おとず おごそか 大金たいまい いせき ことば 飛退とびしさ 八歳やッつ 薄明うすあかる 嬰児みどりご ささ 父母ふたおや とも 退さが おおき あかる 背向そがい 末葉うらは くう なり 御像みすがた おもい くわ たわむれ ふっさ おこ うち 寂然じゃくねん 嬰児あかんぼ さずか なまめ なぞら かさな あらた ほがらか がえん 上路のぼりみち 可哀あわれ 参詣おまいり へり におい えり すこやか 凝視みつめ こら くれない 風俗ふう 恍惚うっとり きま 彼奴きゃつ こみち おん 御乳おんち 立停たちど 御胸おんむね 微笑ほほえみ なか しか 硝子がらす はじ むつま あわただ まなこ 真空まそら すぐ 盗心ぬすみごころ 手打たお はた 此方こなた ななめ うらやま