ウスナの家ウスナのいえ
コノール・マック・ネサは西歴の始めごろ、アルスタアの王であって、同時に愛蘭諸王の盟主であった。ある歴史家の言に依れば、コノール王の治世はちょうどキリストが人間としてこの世に在った頃と同時だろうということである。 コノールはレッド・ブランチと …
作品に特徴的な語句
うつくしさ かしら おも ひる 行為こと 住家やど いつく 家人しもべ 意志みこころ 神秘ふしぎ ほろぼ せわ 神秘なぞ 不幸わざわい 宮殿いえ 寝台とこ 平和しずけさ 日中ひる 最初いやさき 永劫とわ 雷鳴なるかみ 静寂しずかさ 奇観もの 婦人おなご 最終すえ 狂気まよい 過去むかし 住所すみか 光明あかり なく 宝物たから 居室へや 智者かしこき 男女おとこおんな 草生くさう 名誉みな 哀哭なげき 奇観ふしぎ むすめ 屍体ちり 強制むりじい しず 智者かしこい 聖僧どるいど 臥榻しとね 退 都市みやこ 驚嘆おどろき 主旨こころ 今夜こよい 光明ひかり 光栄ほまれ すべ 哀哭かなしみ かつ 土地ところ よる まち 彼等あれら 恥辱はじ 意志こころ 慈悲なさけ 捲毛かみ 暗闇やみ とう 欲望のぞみ 火焔ほのお 災禍わざわい 狂熱はげしさ 王妃つま 現世うつしよ 現実うつつ まなこ 詩人うたびと ふさ 青春わかさ 首長かしら から 髪紐かみひも 黎明しののめ 主人あるじ ほか すがた 反響こだま 吊腕うでつり すくな 希望のぞみ 彼女あれ 彼等かれら 往来ゆきき 悲哀かなしみ おどろ 愛蘭アイルランド おそ 明日あす 暗黒やみ