“智者”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ちしゃ62.5%
ちしや18.8%
かしこい6.3%
かしこき6.3%
ちえしゃ6.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、これはよくったことばです、智者ちしゃ哲人てつじん、もしくは思想家しそうかたるものの、他人たにんことなところてんは、すなわちここにるのでしょう、苦痛くつうかろんずるとうことに。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
と、これつたことばです、智者ちしや哲人てつじんしくは思想家しさうかたるものゝ、他人たにんことなところてんは、すなはこゝるのでせう、苦痛くつうかろんずるとことに。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
コノール (口のうちにつぶやく)智者かしこいデュアックは……智者かしこいデュアックはどこにおる? かれはこう言うた「よるの木の葉のささやきに、新しい風の最初いやさきの歎きの息に、波の声のなかに、かつてありしことは聞かれ、やがて来るべきことも知らされる」
ウスナの家 (新字新仮名) / フィオナ・マクラウド(著)
コノール 智者かしこきカスバの最後の言葉は何であったか?
ウスナの家 (新字新仮名) / フィオナ・マクラウド(著)
かわって、飯島平左衞門は凛々りゝしい智者ちえしゃにて諸芸に達し、とりわけ剣術は真影流の極意ごくいきわめました名人にて、おとし四十ぐらい、人並ひとなみすぐれたお方なれども、妾の國というが心得違いの奴にて