“輕”のいろいろな読み方と例文
新字:
読み方割合
かる58.2%
かろ34.2%
カル2.5%
1.3%
かろん1.3%
がる1.3%
けい1.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
られる都合ならばまでのやうにお世話りにまする、るべくは鳥渡たちりにぐも出京したきものとくいへば
ゆく雲 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
春枝夫人心配して『あまりに御身んじふな。』と明眸びての諫言殘念であつたが其儘つた。
だが、かすかなしめに似た氣持ちが、皆の心に動いた。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
りてではでありしやら兄弟にもなき親切このともむぞやよりはしてのごとも異見がはん最早のやうなふまじければしてよとらるゝも勿体なくてば甘露と申ますぞやとるげにへど義理
五月雨 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
ところが古い假名遣は頗るぜられて、一體に Authorities たる契冲以下を輕視すると云ふやうな傾向がございますが、少數者がして居ることは詰らぬと云ひますと云ふとどうでせう。
仮名遣意見 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
金太郎はさて、家の前で身にひよいと自轉車にまたがつた。
坂道 (旧字旧仮名) / 新美南吉(著)
文壇論陣今や亂雜小にれて、までも所信邁進する々たる論客なきをふ時、泡鳴さんのさうした追憶にはい懷しさである。
文壇球突物語 (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)