文壇球突物語ぶんだんたまつきものがたり
アントン・チエエホフの名戯曲「櫻の園」の第三幕目の舞台の左奧手には球突塲がある心になつてゐる。舞台はいふまでもなく櫻の園の女主人ラアネフスカヤの邸宅の廣間で、時は春の夜、その地方の名家もやがて沒落といふ悲しい運命の前にあるのだが、そこにはロ …
作品に特徴的な語句
こう せう きよ せう 始終ししう ぜう ぜう ぐわん あつかひ 仕合しあひ せん けい あらは 印象いんせう 状態ぜうたい 周圍しうい くわ 音響おんけう をは 有難ありかた みつ しゆ 調てう 令孃れいぜう ゆう 効果こうくわ かち ぎやく から 練習れんしふ ぐん 境地けうち かん けう りう 奔放ほんほう しよ けう あひ 採集さいしう そう 恰好かつこう せい おも めづら とほ あぢ くわい のぞ 條件ぜうけん よく あひだ たつ この 戯曲ぎきよく おし みと 意地いち ふり ゑが こゝろ かひ てき こん 明治めいち はい ともゑ 將棋せうぎ 興味けうみ たち ひゞ 勝負せうふ 卒倒そつとう たふ めん をさ 初夏しよか たい まつた 哀愁あいしう かい ねつ さく 除夜じよや しゆ 重厚じうこう 相當そうたう れう いたゞ たん めう