“兩親”のいろいろな読み方と例文
新字:両親
読み方割合
ふたおや50.0%
りやうしん26.9%
れうしん11.5%
おや7.7%
ふたり3.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
兩親に早く死別れてつた二人の姉弟ですから互に力にして居たのが今では別れ/\になつて生死さへ分らんやうになりました。
少年の悲哀 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
兩親意見などは、ほどもみないで、朋輩同士には、何事にも、きにの、ががついて𢌞つて、あゝ、ならばな、と口癖のやうにふ。
一席話 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
年の初夏兩親の家から別居して、赤坂區新町に家を持ち、馴染のその球突塲くなるとともにまたどやめたやうなになつた。
文壇球突物語 (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
子爵寵愛よりもく、兩親なき大切りなければ、きがにもきをらみて、何某家奧方ともをつけぬ十六の春風無慘玉簾ふきして此初櫻ちりかヽりし
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
今宵ひだけありしか如何に、さらでも御不自由のお兩親燈火なくばりて樣子りたきもの
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)