“おや”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:オヤ
語句割合
56.4%
8.1%
小止6.8%
5.1%
2.1%
父親2.1%
1.7%
小歇1.7%
御遣1.7%
1.3%
小休1.3%
母親1.3%
義父0.8%
両親0.8%
亡父0.8%
兩親0.8%
小留0.8%
父母0.8%
0.4%
荘家0.4%
親父0.4%
先祖0.4%
実母0.4%
0.4%
小息0.4%
御屋0.4%
御已0.4%
御痩0.4%
興起0.4%
阿呀0.4%
養父0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
むかし、大和国貧乏若者がありました。一人ぼっちで、ふた子供もない上に、使ってくれる主人もまだありませんでした。
一本のわら (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
中臣藤原の遠つあめのおしくもね。遠い昔の 日のみ子さまのおしのとみ酒を作る御料の水を、大和国中残る隈なく捜し蒐めました。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
この句は五月雨が小止みもなく降り続くので、ある日琵琶湖に行ってみると、あの周囲七十余里といわれておる海に等しい琵琶湖でさえ水嵩が増しておるというのであります。
俳句とはどんなものか (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
そんなことは、知っていますよ。それだって、父娘の仲だもの、あたいがにお礼をいわなくっちゃならないってわけも、なかろうじゃないか。はいはい、苦労を
巷説享保図絵 (新字新仮名) / 林不忘(著)
彼の手は、あわててもみ消したが、龍の丸の紫金襴に、指の頭ぐらいな焦げの穴がもうあいていた。
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
父親は、そのころ、——実の父親か義理の父親であつたかよく記憶はしてはゐないが、——何れにしろ父親は釧路駅の従業員をしてゐて小奴とは別居して暮らしてゐた。
石川啄木と小奴 (新字旧仮名) / 野口雨情(著)
此の廿五日にも参上つたのですよ、御近所の貧乏人の子女御招なすつて、クリスマスの御祝をなさいましてネ、——其れに余りお広くもない御家に築地の女殺で八釜かつた男のだの
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
まもなく風は小歇みになり、路上の浮塵はキレイに吹き払われて、行先きには真白な大道が一すじ残っていた。
些細な事件 (新字新仮名) / 魯迅(著)
「馬鹿を仰ゃい。子供がへばかり寄り付くのは、貴夫が構い付けて御遣りなさらないからです」
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
/\ッ!」
貧書生 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)
そうした衝動は小休みなく葉子の胸にわだかまっていた。絵島丸の船室で倉地が見せてくれたような、何もかも無視した、神のように狂暴な熱心——それを繰り返して行きたかった。
或る女:2(後編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
お雪を初めその母親や兄すらも、最初こそ二足も三足も譲っていたものだが、それすら後には向からあの通り遂々愛想を尽かして了った。
別れたる妻に送る手紙 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
と否めば、義父の花夜叉も、憂き目にあい、一座の者も、近江の御領下から追われましょう。なにせい、私たち一座の者は、佐々木家に飼われているお抱えの芸人です」
私本太平記:02 婆娑羅帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
両親もこんな事ならあんな学校に入れるんじゃなかったと悔やんでいましてね。それにあなた、そのはわたしはあの二百五十円より下の月給の良人にはかない、なんぞ申しましてね。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
己が持つてゐた亡父の形見の煙草入を
都会と田園 (新字旧仮名) / 野口雨情(著)
主從などゝの御懸念あるなし、おさまのおん御病氣その何事ありても、はみな小生なり、御兩親さまのお位牌さては小生兩親して雪三申譯なければ
たま襻 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
風が出て、雨は冷々として小留むらしい。
第二菎蒻本 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「仕方がない。……女のほうからあッちへ血道を上げているのではぜひないことだ。父母が選んでくれた女房じゃなし、なにも、行かないでいればすむことだ。当分、足を抜いていよう」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「吾、汝が命の、もし墨江つ王とじ心ならむかと疑ふ。かれ語らはじ」とのりたまひしかば、答へて曰さく、「僕はき心なし。墨江の中つ王とじくはあらず」
またじ臣が女、弟比賣に娶ひて、生みませる御子、の王、次に多訶辨の郎女、并はせて四柱ましき。天皇御年六十歳。(丁丑の年七月に崩りたまひき。)御陵は毛受野にありと言へり。
荘家で勝つと、いつまでも荘家をつづけられるのだが、京子は荘家で三回も勝ちつづけ、連荘の名誉をほしいままにした。
第二の接吻 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
最初の荘家には、京子がなった。方形に並べられた牌の中から、一度に四枚ずつめいめいの牌を取った。
第二の接吻 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
敏速の寶澤は空泣しても私しの親父養子にて母は私しが二ツの年病死し夫より祖母養育成長しが十一歳の年に親父故郷の熊本へ行とて祖母に私しを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
下げ有難き仕合せ何も替りましたる儀も御座りませんとれば大岡殿其方が親父富右衞門は扨て/\不便なることぢやが汝ぢが孝行では富右衞門も蘇生するでうぞと申されしに城富は不思議のことを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
大学に尋ねた。大学の頭ですらも。それから守は宗教に志し、渋谷の僧に就いて道を聞き、領地をばに譲り、六年目の暁に出家して、飯山にある仏教の先祖と成つたといふ。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
... 愛するつてことは私の心が許しませぬから——チヤンチヤラ可笑くて」言ひつゝ剛造を横目にみつ「是れと云ふも我夫が、実母の無い児/\つて甘やかしてヤレ松島さんは少し年を ...
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
左様ですよ、おつちりおみなさる間も無くてつしやるので、御気の毒様でネ、ト云つて御手助する訳にもならずネ——其れに又た何か急に御用でもお出来なされたと見えて
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
空模様はに変って、南風に追われる暗雲の低く空を行き過る時、大粒の雨はを打つように降りそそいではむ。夜を徹して小息みもなく降りつづくこともあった。
濹東綺譚 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
………ずいぶんずいぶんこれからは御屋しろの稲荷さまと白狐命婦之進とを
吉野葛 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
「明日も御已めだ」と答えて、自分の這入った。そこには床がもう敷いてあった。代助は先刻栓を抜いた香水を取って、括枕の上に一滴垂らした。それでは何だか物足りなかった。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「まあ御痩せなすった事」
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
しかし熟々見て点撿すると、これにも種々種類のあるもので、まずから書立てれば、口髭、頬髯興起した拿破崙髭に、の口めいた比斯馬克髭、そのほか矮鶏髭貉髭
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
アハヽヽそれも道理ぢや、今に来たらば能く見て呉れ、まあ恐らく此地辺に類は無らう、といふものだ。阿呀恐ろしい、何を散財つて下さります、して親方、といふものは御師匠さまですか。
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
戦の統率ぶりも養父慾目ばかりでなく大出来でした。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)