“阿呀”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ああ33.3%
あわや33.3%
おや33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“阿呀”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
阿呀ああせい身子已是酥麻了みはしびれわたる」といったような文字がよく見られる。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
まさかこことは想わざりし、老媼は恐怖の念に堪えず、魑魅魍魎ちみもうりょう隊をなして、前途にふさがるとも覚しきに、よくにも一歩を移し得で、あわれ立竦たちすくみになりける時、二点の蛍光此方こなたを見向き、一喝して、「何者ぞ。」掉冠ふりかむれる蝦蟇法師の杖のもとに老媼は阿呀あわや蹲踞うずくまりぬ。
妖僧記 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
阿呀おや恐ろしい、何を散財おごつて下さります、して親方、といふものは御師匠さまですか。
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)