“ああ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:アア
語句割合
嗚呼35.6%
26.4%
唖々4.8%
4.3%
3.4%
鳴呼3.4%
彼様2.9%
嗟乎2.4%
於戯1.4%
1.4%
吁嗟1.0%
唖唖1.0%
嗟呼1.0%
嗟矣1.0%
如彼1.0%
那麽1.0%
0.5%
0.5%
0.5%
于嗟0.5%
呵々0.5%
嗚乎0.5%
嗚咽0.5%
嗟哉0.5%
嗟嘆0.5%
嗟夫0.5%
噫々0.5%
噫吁0.5%
噫呼0.5%
噫嘻0.5%
於虖0.5%
阿呀0.5%
0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
嗚呼今の時、今の社会に於て、大器を呼び天才を求むるの愚は、し街頭の砂塵より緑玉を拾はむとするよりも甚しき事と存候。
渋民村より (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
そんな者と話の合いようが無かろうじゃないか。、年甲斐もない、というものは幾人でも取替えられる位の了見でいたのが大間違。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
つい下の離れて唖々と飛び行くの声までも金色に聞こゆる時、雲二片蓬々然と赤城のより浮かびでたり。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
しかるをなお強いて「戯れに」と題せざるべからざるもの、その裏面には実に万斛涕涙うるを見るなり。この不遇の人、不遇の歌。
曙覧の歌 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
浅虫の濃灰色の海は重くり、浪がガラスの破片のように三角の形で固く飛び散り、墨汁を流した程に真黒い雲が海を圧しつぶすように低く垂れこめて、
善蔵を思う (新字新仮名) / 太宰治(著)
鳴呼、私たち二人は何という相違だろう。それは天使と悪魔とが一つのの中に向かいあっているようなものだ。
秘密 (新字新仮名) / 平林初之輔(著)
『ほんとはそれ許りぢやありませんの。若しか先生が、私に彼様言つて置き乍ら、御自分はお遣りにならないのですと、私許り詰りませんもの。』
葉書 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
彼のたるダイアモンドはさせる大いなる者ならざれど、その棄去りし人の誠は量無きものなりしが、嗟乎、今何処に在りや。そのて誠を恵みし手はかに残れり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
嗟乎。では諸君は僕が其筋の嫌疑のために並々ならぬ困難を感じてゐることも御存知ないのであらうか? 於戯。では諸君は僕が偉大なる風博士の愛弟子であつたことも御存じあるまい。
風博士 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
一体は亀屋の亭主に御前の身の上あらまして、失礼ながら愍然な事や、が神か仏ならば、もしてあげたいもしてやりと思いましたが、それも出来ねばせめては心計
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
仰げば無量無数の惑星恒星、として、吁嗟億兆何の悠遠ぞ、月は夜行性のの如く、けてよ白く、こゝに芙蓉の蜜腺なる雲の糸をたぐりて、天香を吸収す、脚下紋銀白色をなせる雲を透かして
霧の不二、月の不二 (新字旧仮名) / 小島烏水(著)
唖唖として一声、——これよ
(新字旧仮名) / 石川啄木(著)
かくて、デパートに調法な筆持ちと成りる。嗟呼
て浮世のが明いて、に遺る新聞の数行に、我軍死傷少なく、負傷者何名、志願兵イワーノフ戦死。いや、名前も出まいて。ただ一名戦死とばかりか。兵一名! 嗟矣の犬のようなものだな。
那麽いふ男は、今の時世ぢや全く珍しい。』と主筆が鷹揚に嘴をんだ。
病院の窓 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
、こんな思を為るくらゐなら、いつそ潔く死んだ方がだ。死んでさへ了へば万慮くこの苦艱は無いのだ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
、貴方には軽蔑されてゐる事を知りながら、何為腹を立てることが出来ないのでせう。実に貴方は!」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
『僕は、した男が大好ですよ。僕の知つてる美術家連中も少くないが、吉野みたいな気持の好い、有望な男は居ませんよ……。』
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
学校は勝手にめて来るし、して毎日碌々してゐて何をする積りなんですか。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
そうさせるKはしい。斯様な事は私もよく心得て置くべき事であると思う。石井も又、心にそうまでも思って居ないのに彼まで云うのはいやみである。凡人は天才の犠牲となるべきが至当である。
于嗟! 金策の目的をとげることは却々できない! 実にできない! 頑としてできない! 断々乎として出来ないのである。
呵々貧乏をすると誰でもそう云う、信三郎よ、卿も始めて人間となったか。幸あれ、坊っちゃん。君は間もなく真の人生を見るだろう。でなければ教員にでもなるのだ。さあ来い。
たとえば読者に悲しさを伝えるために、作者が嗚乎溜息したり、すぐさま悲しいと告白したとする。成程読者はこれを読んで、作者が悲しんでいるなということは納得がゆく。
嗚咽、大空の馳使、添はゞや、なれにわが心
海潮音 (新字旧仮名) / 上田敏(著)
嗟哉、士風なほ薄夫をしてならしむ
身を軍籍にかざれば祖国のために尽すの路なきが如き、利子付きにて戻る国債応募額の多寡によつて愛国心の程度が計らるゝ世の中に候。嗟嘆、頓首。
渋民村より (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
予、ますます左内を起して一議を発せんことを思ふ。嗟夫
留魂録 (新字旧仮名) / 吉田松陰(著)
噫々今にして花火線香の玉を消したことは返す返すも残念でならない。も五年でも、十年でもいい、もっともっと火華を散し、火華を咲かせたかった。
夢の如く出現した彼 (新字新仮名) / 青柳喜兵衛(著)
そして諸君は、かの憎むべき蛸博士の——あ、諸君はかの憎むべき蛸博士を御存知であらうか? 御存じない。噫吁、それは大変残念である。
風博士 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
そして諸君は、かの憎むべき蛸博士の——あ、諸君はかの憎むべき蛸博士を御存知であろうか? 御存じない。噫呼、それは大変残念である。
風博士 (新字新仮名) / 坂口安吾(著)
詩人歌うて曰く「落花紛々、雪紛々、雪を踏み花をって伏兵る。白昼に斬取す大臣の頭、噫嘻時事知るべきのみ。落花紛々、雪紛々、あるいは恐る、天下の多事ここにすを」
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
其の意深し矣。老子をして一邑一聚を得せしめば、蓋し真に以て此を致すに足らむ。於虖、吾が東籬、又た小国寡民の細なる者か。開禧元年四月乙卯誌す。
小国寡民 (新字旧仮名) / 河上肇(著)
などというのは特有な日本的閨房語で、極まるとき、一また一、叫ぶというのがあちらの男女の感受性らしい。「阿呀身子已是酥麻了
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
主婦さんが起きて開けてくれ、そうそうと思い出したように、久能さん、お手紙、ちゃんが預ってるわ、と少し皮肉らしくいったので、突嗟に久能は異常なものを感じた。
リラの手紙 (新字新仮名) / 豊田三郎(著)