“如彼”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あんな50.0%
ああ33.3%
あゝ16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“如彼”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
然し気質きだては優しい方だし」と思いつづけて来てハタとお徳の今日昼間の皮肉を回想おもいだして「水の世話にさえならなきゃ如彼あんな奴に口なんかかしや仕ないんだけど、房州の田舎者奴いなかものめ
竹の木戸 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
『大きにお世話だよ。』とお大は憤々ぶり/\して、『お氣毒きのどくさまだが、松公は此方こつちが見切をつけて縁を切つたんだよ。如彼あんなひよつとこの一人や二人、欲しけりや何時いつでも貴方あなたに上げますよ。』
絶望 (旧字旧仮名) / 徳田秋声(著)
「全くそうだ、先生も如彼ああ見えても長くはあるまい!」と力なさそうに言って校長は間もなく村長のうちを辞した。
富岡先生 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
下女同様に追使われて、慣れぬ雑巾掛ぞうきんがけまでさせられた上に、無理な小言を言われても、格別厭なかおもせずに、何とか言ったッけ? 然う然う、お三どん新参で大狼狽おおまごつきといって微笑にっこり……偉い! 余程よっぽど気の練れた者でなければ、如彼ああかぬ。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
そしてまだ如彼あゝれてはさむいだらう、つめたいだらうと、さきのやうにあめれてびしよ/\くのをるとどくだつたり
化鳥 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)