海城発電かいじょうはつでん
「自分も実は白状をしやうと思つたです。」 と汚れ垢着きたる制服を絡へる一名の赤十字社の看護員は静に左右を顧みたり。 渠は清国の富豪柳氏の家なる、奥まりたる一室に夥多の人数に取囲まれつつ、椅子に懸りて卓に向へり。 渠を囲みたるは皆軍夫なり。 …
作品に特徴的な語句
些少ちょっと おさむ せい まっとう 道理ぎり てあい しい いい しらべ かたえ つんざ ものい ひま ひやや すすん たった よし みち 気勢きおい 最初はじめて たたかい しぼ いだ ゆる 退しりぞ おれ 同胞どうぼう しぶり 発見みいだ うえ 不可いかん みま 些少ちっと なな わざ こうべ そう やや おぼえ ことば 談話ばなし いで すき 卓子ていぶる ちがい 口惜くちおし 吩附いいつけ 父親おやじ 無聊むりょう 猶予ため こまや おのこ 清国てきこく みん 活返いきけえ 真個しんこ みまわ 眼配まくばり ちょう 普通ただ 支那チャン むらが いささか せな くわ うしろ 差出さしいだ おぶ やっこ むすめ いた かろ 進出すすみいで つる 勿体もってえ ひと つくえ 単身みひとつ きび 其上それに なり 胸苦むねぐる にく さいな あわれ 憤然むっ 探偵いぬ いただ あつま ゆす
題名が同じ作品
海城発電 (新字新仮名)泉鏡花 (著)