“清国”のいろいろな読み方と例文
旧字:清國
読み方割合
しんこく68.2%
いまのから9.1%
てきこく9.1%
あっち4.5%
きよくに4.5%
くに4.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
韓山の風雲はいよいよ急に、七の中旬廟堂の議はいよいよ清国と開戦に一決して、同月十八日には樺山中将新たに海軍軍令部長に補せられ
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
此山の標準日本の北海へながれきたりたる其水路詳究せんとて「唐土歴代州郡沿革地図」に清国道程図中するに、蛾眉山は清朝こと日本道四百里の北に在り
日本軍の中には赤十字の義務をして、敵より感謝状を送られたる国賊あり。れどもまた敵愾心のために清国の病婦をえて、犯し辱めたる愛国の軍夫あり。委細はあとより。
海城発電 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
これは旦那がおもしろく思いなさらぬももっともじゃとわたしは思うくらい。それに困った人はあの千々岩さん——たしかもう清国ったように聞いたですが
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
それでも、おしかさんは、みんなが別格にあしらっていたほど、近衛さんの思いものだったから、丁汝昌は清国へかえってからも、纏綿の情をめてよこしたといった。
モルガンお雪 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)