“あっち”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
彼方79.8%
彼地7.8%
先方1.6%
大阪1.6%
東京1.6%
清国0.8%
上方0.8%
他室0.8%
任地0.8%
彼室0.8%
日光0.8%
江戸0.8%
異国0.8%
米国0.8%
長崎0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
日清日露の戦争以来日本人は随分彼方へ入り込みましたが、麻雀をやったというものは聞きません。下等なものと見括っていたのです。
親鳥子鳥 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
「今年の秋は、嘉助も彼地へ行商に出掛けるで、しく様子を探って貰うわい——吾家でお嫁さを貰うなんて、お前さん、それこそ大仕事なんですよ」
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
ところでお豊だがの、もっとをせんと困るぜ。あの通り毎日駄々をこねてばかりいちゃ、先方行ってからが実際思われるぞ。観音様がだッて、ああじゃ愛想をつかすぜ
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
大阪越佐さんと云っては大した御身代でっしゃるんだからね、土地で貰おうとゃれば、網の目から手の出るほど呉れはあるがの、佐兵衞さんてえのは江戸の生れなんで
「それでは先月帰京ったンだね——では東京にいるのだな」
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
これは旦那がおもしろく思いなさらぬももっともじゃとわたしは思うくらい。それに困った人はあの千々岩さん——たしかもう清国ったように聞いたですが
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
殿様が清国からおりなさるそのに、東京におりなさったでごぜエますよ。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
名古屋にゃ上方で友達になった海老団治って奴にたいそうな人情噺の名人があるってしょっちゅう聞かされていたもんで、それからそのおっ師匠さんとこへ草鞋をぬいで
寄席 (新字新仮名) / 正岡容(著)
こっちの者になるかも知れません。にしておかなければ不可せんから、貴下方他室へお引取下さい。警部は巡査を引連れて、静にこのを立去りぬ。
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
校長はいけれど、私は何だか一所に居るのが嫌だから、金沢に残ることにして、旦那ばかり、任地へ行くようにという相談をしたが不可なくって、とうとう新潟くんだりまで、引張り出されたがね。
化銀杏 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
しい彼室で待ってな。」
金時計 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
日光へ行ってしまうし、あたしゃ百いくつとかのお化けのようなお爺さんの世話をしながら、しんき臭い日を送っていたのさ。
丹下左膳:03 日光の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
本当に半ちゃんもっから銚子屋に居るって、此の間来てお前に遇わして呉れって頼むのだよ、私も江戸屋のお直とって江戸に居た時分から半ちゃんとは古い馴染だし、何でも隠さずに話をするが
「長崎から流行って来たやつさ、異国のものでね」
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「よくわからないって、そりゃおかしゅうござんすわね、そんな事お決めなさらずに米国にいらっしゃるって」
或る女:1(前編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
「ご冗戯でしょう。新渡じゃあござんせんぜ。これくらいな古渡りは、長崎だって滅多にもうある品じゃないんで」
春の雁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)