“あすこ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
彼処54.1%
彼家13.4%
彼所10.8%
彼處9.8%
那処2.1%
彼店1.5%
彼地1.0%
那處1.0%
那裏0.5%
堂島0.5%
大阪0.5%
彼地処0.5%
彼方0.5%
彼楼0.5%
彼点0.5%
彼等0.5%
彼駅0.5%
那国0.5%
那地0.5%
那辺0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さ「はい、業平橋と云う所は妙見様く時通りましたが、あゝ云う処へお住いなすっては長生をいたしますよ、彼処がお下屋敷で」
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
布「いえ、お祖父さん何卒お暇を戴いて下さい、私は最う一日もられません、しお祖父さんが私を置いてけば、明日にも彼家を駈出します」
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「さア、チヨンよ、彼所にお前のお父さんが居る! お前は——もう、お父さんの所へおで! さア早くあつちへお出で!」
山さち川さち (新字旧仮名) / 沖野岩三郎(著)
彼處通拔けねばならないとふと、今度寒氣がした。ながら、自分むほどであるから、ろしくつたものである。
星あかり (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
「可けない! 那処に居て下さらなければ可けませんな。何、御免をる? ——可けない! お手間は取せませんから、どうぞ」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
「主婦さあ、『日本橋の松屋においで、松屋が安くって好いから』と、いっていたわ。うちの主婦さあも彼店で買うの」
うつり香 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
伊予の松山は日露戦争以来俘虜の収容地になつてゐるので、そんな事から彼地の実業家井上氏は色々な方面の報道を集めて俘虜研究をつてゐる。
「可かんな。那處から此の室を見下されちや、恰で高土間芝居見物といふ格だ。」と嫌な顏をする。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
それは如何なる事情が有つてかう成つたにも為よ、那裏はなければ、何処の誰だかお互に分らずに了つた者が、急に一処に成つて、貴方がどうだとか、がかうだとか、……や
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
「さあ、那裏へ行つて飲まう」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
堂島の仲買人曾我某氏がいつぞや帝国飛行協会に一万円を寄附した事があつた。その縁故で、ある時飛行熱心の長岡中将が堂島の仲買業者を集めて、一寸した話をした事があつた。
「あれで大阪は案外いゝところだね。大阪の作家があれを取扱はないなんて、嘘ですよ。」
十年前に国元ア夜逃げする様にして逃げて来たゞが、今ぢやえら身代のうへて、彼地処でア、まア好い方だつて言ふたが、人の運て言ふものは解らねえものだす
重右衛門の最後 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
それでも母様私は何処へか行くので御座りませう、あれ彼方に迎ひの車が来てゐまする、とて指さすを見れば軒端のもちの木に大いなるの巣のかかりて
うつせみ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
さんなんぞはそんな事はえがね、中には道楽な坊主があるねえ、此間も亀屋へ往って浮かれていると、彼楼のおすみという二十四五の、一寸小意気な女があるが、大層粋な声がするから
彼点を立てれば此点に無理があると、まあ我の智慧分別ありたけ尽して我の為ばかりるでは無く云ふたことを、無下に云ひ消されたが忌〻しくて忌〻しくて随分堪忍も仕かねたが
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
はい彼等で六を取つて、どうやらうやらしてりましたが、今度此処停車場出来るにて、茶屋を出したらからうといふ人のめにせて、茶屋を始めましたが
明治の地獄 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
「この季節は夜明けが遅いもんだから、ヴァロルブへ着いてもまだ暗いのに、彼駅では税関の手続きがあるので、三十分間の停車です。貴方がたは多分伊太利へいらっしゃるんでしょう」
那国の大統領は、定めし素晴しい俸給を取る事だらうと、大抵の人は思つてるらしいが、打明けていふと年俸七五・〇〇〇と、出張旅行費年額二五・〇〇〇弗を受取るに過ぎない。
那地は唯想像でだけ楽しむでゐればいゝ国だとくこきしてゐる。
那辺には頭に鬼の入るだけの空地つた学者がちよつと居る筈だから。