明治の地獄めいじのじごく
えゝ一席申上げます、明治の地獄も新作と申す程の事でもなく、円朝が先達て箱根に逗留中、宗蓮寺で地獄極楽の絵を見まして、それから案じ附きましたお短かい落語でございますが、まだ口慣れませんからお聞苦しうござ …
作品に特徴的な語句
通夜つや 覚悟かくご 閻魔えんま 看板かんばん 浅草あさくさ 案内あんない 極楽ごくらく 気取きど 観物みせもの 到頭たうとう 幾本いくほん 物騒ぶつさう 此等これら 亡者まうじや 家柄いへがら 引受ひきう 議論ぎろん 飛込とびこ 腰掛こしか 旦那様だんなさま 両方りやうはう とゞ 薩張さつぱり 御用ごよう 芝居しばゐ 新宿しんじゆく 空気くうき 地獄ぢごく 勧化くわんげ らう 彼等あすこ 霊魂たましひ 青山あをやま 医者いしや 線香せんかう まん 申上まうしあ 明治めいぢ 大層たいそう 平素ふだん 燈心とうしん 早桶はやをけ 浄玻璃じやうはり 葭簀張よしずばり 落語おとしばなし 近来このごろ 有名いうめい 其事そのこと 奇態きたい せう 結句けつく 円朝ゑんてう うつ 本当ほんたう 虎列剌これら そう 故人こじん 無間地獄むげんぢごく 相変あひかは 芽出めで 茶屋ぢやゝ 正月しやうぐわつ 衰微すゐび 肉体にくたい 急病きふびやう 玉子たまご 萬事ばんじ 権衡はかり 情交なか 馬車ばしや 取換とりか 静岡しづをか 対岸むかう 鉄道てつだう 便所ようば 人前にんまへ 散髪ざんぱつ 写真しやしん 佐藤さとう 同様どうやう 天国てんごく 見放みはな 鉄橋てつけう 訥升とつしやう 大病たいびやう 旧弊きうへい 転覆ひつくりか 三途川さんづのかは 御一緒ごいつしよ 烟草盆たばこぼん 腎虚じんきよ 電気燈でんきとう 宗教しうけう 王様わうさま 力落ちからおと 昇天しようてん 老先生らうせんせい 聞苦ききぐる