“蛛”の読み方と例文
読み方割合
くも100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それはちょうどが糸を伝わっていくようであった。そしてだんだん雲の中へ登っていって見えないようになった。
偸桃 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
それでも母様私は何処へか行くので御座りませう、あれ彼方に迎ひの車が来てゐまする、とて指さすを見れば軒端のもちの木に大いなるの巣のかかりて
うつせみ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
道翹ひつゝつて、豐干のゐた明家れてつた。がもうかつたので、薄暗屋内見𢌞すに、がらんとして一つい。
寒山拾得 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)