“平蜘蛛”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひらぐも84.8%
ひらくも12.1%
ひらたぐも3.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
以後はコソコソ影を見せても、花和尚さまだの、花羅漢さまのと、遠くから平蜘蛛になって、めったに側へ近づこうともしなかった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
理髮店に歸ると、源助は黒い額に青筋立てて、長火鉢の彼方に怒鳴つてゐた。其前には十七許りの職人が平蜘蛛の如くつてゐる。
天鵞絨 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
「これはどうも飛んだお邪魔をいたしましてございます、勝山のあの娘も不束なものでございますから、どうぞまた先生様、何分、」と、ここでまたぴったりと平蜘蛛
三枚続 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)