“平蜘蛛:ひらくも” の例文
“平蜘蛛:ひらくも”を含む作品の著者(上位)作品数
石川啄木1
三浦環1
江戸川乱歩1
矢崎嵯峨の舎1
“平蜘蛛:ひらくも”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 音楽 > 劇音楽50.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
給仕人が平蜘蛛ひらくものようになって謝っているがどうしても許さないのです。
お蝶夫人 (新字新仮名) / 三浦環(著)
其前には十七許りの職人が平蜘蛛ひらくもの如くうづくまつてゐる。
天鵞絨 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
見ると、階段の天井に、平蜘蛛ひらくもの様にへばりついた明智の姿。
吸血鬼 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
そのうちに一同も近づいて来た。森は二歩ふたあし三歩前へ進み、母を始め姉や娘に向ッて、慇懃いんぎんに挨拶をして、それから平蜘蛛ひらくものごとく叩頭じぎをしている勘左衛門に向い,
初恋 (新字新仮名) / 矢崎嵯峨の舎(著)