お蝶夫人おちょうふじん
ドイツへ行ってリリー・レーマンについて歌の勉強をしようと思って三浦政太郎と一緒に横浜を出帆したのは、一九一四年(大正三年)五月二十日のことでした。 私は非常に船に弱いので船の中ではずっと寝通しでしたから、香港に着きました時はほっと致しました …
作品に特徴的な語句
ワン すぐ てて とどま 蝶々バタフライ 乳母ばあ 如何どう はじ 吉川きつかわ 奥許おゆる かご いじ 吝嗇けち かじ 恤兵じゅつぺい かか しん たるき なま くら しま うらやま いやし たら なまり しつ あやま 鼻声ハミング うち あだ 他所よそ 供餅そなえもち ところ わか 別嬪べっぴん 割烹かっぽう 勿体もったい 勿論もちろん 匪賊ひぞく すなわ 可笑おか せき おし さえず とら 基督キリスト 塩梅あんばい 如何いか ねた ねた 山車だし きれ もてあそ 悦びジョイヤ 悩みドローレ かかわ 招聘しょうへい いとま 朧気おぼろげ かしわ てこ こと 毛氈もうせん 流石さすが 牡蛎カキ 犇々ひしひし ちん 玉葱たまねぎ きず 畢生ひっせい うと きず 矢絣やがすり 矢釜やかま つぶて はく こも かゆ かて ひも 緞子どんす 縮尻しくじり 縮緬ちりめん あく ひるがえ 老人としより 茄子なす