“招聘”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しょうへい95.2%
しようへい2.4%
せうへい2.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二十年前大学の招聘に応じてドイツを立つ時にも、先生の気性を知っている友人は一人停車場へ送りに来なかったという話である。
ケーベル先生の告別 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
これは文化んだとしては地震見舞はれる機會いからにもよるのであるが、なほ一因として明治維新後、わが文化開發事業補助者として招聘した歐米人が、くは其道
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
圭介はそんな親心を示したことは示したが、狭い土地ですぐ噂が立つてみると、折柄大阪の病院から招聘されるのは寿枝を置き去りにする好機会であつた。その通りにした。
六白金星 (新字旧仮名) / 織田作之助(著)