“其道”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
そのみち90.0%
それ10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其道に志す深きにつけておのがの足らざるを恨み、日本美術国に生れながら今の世に飛騨工匠なしとわせん事残念なり
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
し着実な其道の人の批判ではひ一円につても会社経営では四五割、個人経営では六七割の利益は確かだと云つて居る。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
其道を一周しますとラサ府内に在るところのすべての仏およびの宝すなわち経蔵を廻った事になりますから、非常な功徳を積んだという訳になるのです。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
少し道中は困難でもありまた野獣が出て来て害を加えぬにも限りませんけれどもまあ大抵そんな事はない。私は二度その道を通った事がある。其道が危ないと思うならブータンの方に行くがよい。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)