“飛騨”の読み方と例文
読み方割合
ひだ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其道に志す深きにつけておのがの足らざるを恨み、日本美術国に生れながら今の世に飛騨工匠なしとわせん事残念なり
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
「けら」にで不思議な呼び方は「ばんどり」である。越中、越前、飛騨地方では蓑のことを「ばんどり」とか「まんどり」などいう。
蓑のこと (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
春も深くなっての夕方には、御二人で手を引いて、遅咲の桜の蔭から飛騨の遠山の雪を眺め眺め静に御散歩をなさることもありました。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)