“飛騨国”の読み方と例文
読み方割合
ひだのくに100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
当時、飛騨国地頭職は藤原姓を飛騨判官朝高という武将で、彼も蒙古退治の注進状に署名したる一人であった。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
飛騨国作人菊松は、其処れてされてるやうな——青年日向膏汗ましげなを、げにつた。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
飛騨国では高山に二日、美濃国では金山に一日いて、木曽路を太田に出た。
護持院原の敵討 (新字新仮名) / 森鴎外(著)