“せうへい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
哨兵50.0%
招聘50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
城の沙のあらしの吹くなかに目のみ光れる支那の哨兵
圭介はそんな親心を示したことは示したが、狭い土地ですぐ噂が立つてみると、折柄大阪の病院から招聘されるのは寿枝を置き去りにする好機会であつた。その通りにした。
六白金星 (新字旧仮名) / 織田作之助(著)