“補助者”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ほじよしや66.7%
ほじょしゃ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“補助者”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 地球科学・地学 > 地震学(児童)50.0%
文学 > ロシア・ソヴィエト文学 > 小説 物語6.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
貴方あなただの、貴方あなた補助者ほじよしやのニキタなどのやうな、然云さうい人間にんげんには、未來みらいなどはなんえうわけです。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
なほ一因いちいんとして明治維新後めいじいしんご、わがくに文化開發事業ぶんかかいはつじぎよう補助者ほじよしやとして招聘しようへいした歐米人おうべいじん
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
貴方あなただの、貴方あなた補助者ほじょしゃのニキタなどのような、そう人間にんげんには、未来みらいなどはなんようわけです。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
しかるにこんなくさ玉菜たまな牛肉汁にくじるなどでは駄目だめだ、また補助者ほじょしゃ必要ひつようである、しかるにこんな盗人ぬすびとばかりでは駄目だめだ。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)