“未來”のいろいろな読み方と例文
新字:未来
読み方割合
みらい81.3%
6.3%
さき6.3%
ゆくすゑ6.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
懷姙つたとき、御米らしい經驗して、ろしい未來と、しい未來一度心持いてごした。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
未來じられたのやうに、かないれないばかりでなく、自分にもとはらなかつた。宗助はたゞ洋々の二前途棚引いてゐるがしたであつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
「歸りたいわ。だけど誰だつて未來の事はわからないわ。」
我見るに、過去未來の禍ひをさくみえしめんとて、百合の花アラーニアに入り、クリストその代理者の身にてとらはれたまふ 八五—八七
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)